朝吹登水子  Tomiko Asabuki

9月2日に訃報記事を読み、名前さえ知らなかったことを恥じ、出版物を読みました。
I read the news of her death on September 2 and I was ashamed not to have known even the name and I read her publications.

戦前、戦後を通し、パリに長く住み、パリ大学で仏文を学び、「悲しみよこんにちは」など訳書多数。
She had lived in Paris long through prewar and postwar days, studied French literature in Paris University and translated many French books as like "Bonjour Tristesse".

サルトルボーボワールはじめあらゆる文化の一人者との親交を持ち、パリ関連の本も多数出版。
She had friendship with the top-ranking men of culture such as Sartre and Beauvoir and published a lot of her own books related to Paris.

オートクチュールのデザイナーの資格も持つ。
She also had the qualification of the designer of haute couture.

フランス文学者の森有正氏と結婚。
She married a scholar of French literature Arimasa Mori.

今でこそ、誰もが行けるようになったパリですが、ハイソサイティのパリの生活とエネルギッシュな行動力を覗き見ると、とても興味深いものがありました。
Now anybody can go to Paris but their high society’ life in Paris and her energetic action power were very interesting.



【中古】 豊かに生きる /朝吹登水子(著者) 【中古】afb
ブックオフオンライン楽天市場店
朝吹登水子(著者)販売会社/発売会社:世界文化社/ 発売年月日:2002/10/22JAN:9784



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック