師走 “Shiwasu”

師走とは12月の古い日本語のことばです。
1月から12月までそれぞれありますが、特に師走は今でも広く使われます。
日本の12月は独特の雰囲気があります。
5時前には暗くなり、忙しいのと、寒いのとで人々は忙しそうに小走りに街を行き来する姿が見受けられます。
歳暮、クリスマスプレゼント、新年の準備などで、買い物も多くなり、お店は込み合います。

Shiwasu is an old Japanese word of December.
Shiwasu is used still widely though there are words respectively from January to December.
There is a distinctive Japanese traditional atmosphere in December.
It darkens before five p.m. and people run with shourt steps busily.
People go shopping for the end year gifts, the Christmas presents and preparation for the New Year Day therefore shops are much crowed.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック