土佐日記

高校生の頃、必ず習った紀貫之「土佐日記」を現代文として、読んでみました。
平安時代の本ですので、10世紀頃に書かれた日本文学の古典です。
土佐(現在の高知県)から京都に戻る旅日記です。
今なら、新幹線でも車でも日帰りで往復できますが、その当時、片道に2ヶ月を要しています。
彼らは船旅で、天気を見ながら、出航し、鳴門海峡を横切る時は神仏に唯祈るばかりだったようです。
出航できないで、港に停泊して退屈なときには、短歌を読んでいたそうです。
こんな風に興味持って高校生の時に勉強していたら、もっと身についていたのでしょう。

“Tosa Nikki” The Diary from Tosa

I read “Tosa Nikki” –as a contemporary style of writings,The Diary from Tosa which all of high school students learn withour fail.
It was a Japanese classic literature written by Kinotsurayuki at the Heian era, so to speak in ten century.
It is a travel diary returning from Tosa, now Kouchi Prefecture, to Kyoto.

At that time, two months were required in one way though we can shuttle by the day trip now either by Shinkansen and car.
They seemed to sail seeing the weather in the voyage and do nothing but just to have prayed to gods and Buddha while he crossed the Naruto strait.
While they were not possible to sail and be tedious in the port, they used to have read the tanka, Japanese short poem with 31letters, it was said.
I might have been acquired more if I had studied it having interest such as now when I was a high school student.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック