介護保険

介護保険 kaigohoken


公的保険に介護保険があります。
日本は急激な高齢化社会を迎え、老人の介護を目的に作られました。
40歳以上の人は死ぬまで介護保険料を支払います。
そして、介護が必要になった時は、介護認定を受けて、初めて介護保険の恩恵に与れます。
認定医師がランクを判断し、在宅サービス、入所サービスなど様々なサービスをケアマネージャーと呼ばれる人がプランニングします。
その範囲でサービスを受ければ、本人負担は1割です。
2030年の頃には高齢化率は30%、2055年には40%になると試算されています。
そうなると、見直しは必須で、今から無駄を省いて行かなければなりません。

Nursing care insurance

Public insurance includes the nursing insurance.
In Japan the rapid aging society came . It was established to aim to nurse care for the elderly person.
You pay the nursing care insurance premium from 40 years old until dying.
And, when you need nursing care, you can bless the favor of the nursing care insurance after you receive the nursing recognition.
The recognition doctor judges the rank, and the care manager makes a plan from various services in the home or in the facilities.
You may pay just 10% of cost within the range which the care manager plans.
It is provisionally calculated that the rate of aging is 30% in 2030, and it becomes 40% in 2055.
Then, the nursing care insurance will be reviewed necessarily, therefore a waste should be reduced economically indispensably now.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック