防災の日  Disaster Prevention Day

防災の日  Disaster Prevention Day


9月1日は1923年に東京周辺で「関東大震災」があった日で、その後防災の日として、国・地方レベルで様々な訓練が催されています。
2007年10月1日からは試験的に地震の数秒前に予報システムも出来るようになるそうです。
毎年のように地震があり、いつ起きるか分からない、おきてもおかしくない状態です。
建物の耐震を強化し、室内の家具を固定し、電気製品も含めて転倒防止しなくてはいけないといわれています。
万一起きた場合の、対処の仕方は、ひとまず机などの下にもぐり、身の安全をとることだそうです。

September 1st is the day in which "Great Kanto Earthquake" occurred around Tokyo in 1923, and various training has been held nation-wide as Disaster Prevention Day afterward.
It is said that the earthquake forecast system will be done experimentally before a few seconds of the earthquake from October 1st 2007.
The earthquake happened every year and it is possible to occur anytime.
You should strengthen earthquake-proof construction, fasten the furniture, and prevent tumbles including electric appliances.
The method of the best action if the earthquake occurred is to dive under the desk and to take the safety of the body.






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック