- New Japanese -Nabakari kanrishoku

名ばかり管理職

名ばかり管理職とは長時間働いて、管理職という理由で、残業手当がもらえない人です。
しかも、管理職としての権利はないのです。
肩書きだけの管理職なので、名ばかり管理職と呼ばれています。

多くの会社が、労働力を安く抑え、責任もって一生懸命働いてもらうために、名ばかり管理職を増やしています。
一方、働く側は、はじめ、自分の働きが認められたと、喜びますが、割に合わない、長時間労働に、おかしいと感じ始めています。

実際、ある名ばかり管理者は一日18時間以上も働いて、残業手当はゼロでした。

Nabakari kanrishoku - New Japanese -

“Nabakari kanrishoku” is a long time hard worker who cannot get overtime pay by the reason of just the executive job.
Moreover, he has no right as the executive job.
Because it is only title of an executive job, he is called“Nabakari kanrishoku”.

A lot of companies tried to hold down labor cost and to make the employees work hard responsibly, and gave only the name with the executive job.
On one hand, employees were pleased first because own work were admitted, but they began to consider it may not be correspond with working a long time.

Actually, one manager worked for 18 hours or more a day, and the overtime pay was 0.







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック