仏壇 an altar

死ぬと日本ではほぼ全員の人が火葬されます。
その灰や骨をお墓に埋蔵します。
Almost all people in Japan are cremated when they die.
We bury the ashes and bones in the grave.

家でも仏壇を置いて亡き人に手を合わせます。
そして毎月命日にお寺のお坊さんに来ていただいてお経をあげていただいたり、毎日食べ物をお供えしたり、飾っている写真に話しかけたりします。
Many people put a Buddhist altar at home and often pray with their hands together.
Some people offer food every day at the altar and talk to the photo of their dearest whose was a family member and have the Buddhist monk read the sutra on the anniversary of every month.

宗派によって仏壇の飾りが違います。
また生活スタイルが変わり、仏壇もコンパクトに変化しています。
特に亡くなった日を命日と呼び、その日に関連した法事という行事があります。
大きな行事は亡くなってから49日目と一年目、二年目で、親戚が集まってお参りします。
Buddhist altar decorations are different by the sects.
The life style has also changed, and the altar also is changing compactly.
Especially the day when a person passed away is called "Meinichi", there are some rituals related to that day.
The big events are the 49th day, the first year, and the second year since the dead; relatives gather and visit a tomb.

仏壇には、亡くなった人の死後の名前、戒名が書かれた位牌が真ん中にあります。
他にロウソクや線香を立てる器、お参りするときに鳴らす鈴などがあります。
しかし、気持ちなのでシェルフやローチェストに写真立てを置くだけでもいいのです。
In the Buddhist altar, there is a "Ihai", which means a spirit tablet written a posthumous Buddhist name of the deceased person.

There are the stands for putting up candles and incense sticks, as well a bell for ringing when you pray.
Of course, as your feeling, it is good to even put a photo stand on a shelf.



唐木仏壇 「さくら20号」紫檀 黒檀 ラデン 螺鈿 桜 家具調仏壇 仏壇モダンミニ コンパクト
仏壇・位牌のなーむくまちゃん工房
特徴 伝統的な唐木仏壇に、桜模様が入った高級感溢れるモダンミニ仏壇です。 桜の部分には本物の貝を埋め



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック