国益から星益に

国益から星益に

COP13が2007年12月インドネシアのバリ島で開かれていた。
国連気候変動枠組み条約第13回締約国会議(COP13)は京都議定書に続く2013年以降の新たな国際協定を採択した。

温室効果ガスの削減目標をめぐっては、世界最大の排出国である米国、2位の中国、5位のインドも難色を示したため、明記しなかった。

国益を言っている場合ではない。同じ地球の住人は同じ危機に直面することを真剣に受けとめなければ、将来悔いを残すことになる。


From the national interest to the earth interest

COP13 was opened in Bali in Indonesia in December, 2007.
The 13th Conference of the Parties (COP13) adopted a new international agreement after 2013 following the Kyoto Protocol.

Because the United States that was the world's largest exhaust country, China in 2nd place, and India in 5th place also had expressed disapproval over the greenhouse gas reduction target, it did not describe the numerical target clearly.

It is not time when they say the national interests. We are the same earth-dwellers.
We would regret in the future if all of us don’t seriously catch to face the problem as same crisis.

COP13=the thirteenth session of the Conference of the Parties to the Climate Change Convention
COP14は2008年12月にポーランドで予定、2009年にCOP15へと続く。
COP14 is scheduled in Poland in December, 2008, and continues to COP15 in 2009.





"国益から星益に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント