テーマ:book

オスカー・ワイルド OSCAR WILDE

「オスカー・ワイルドの生涯-愛と美の殉教者NHK BOOKS  山田 勝」を読んで   OSCAR WILDE  アイルランド生まれ、1854~1900詩人、劇作家、唯美主義者、同性愛者 「人生そのものを芸術作品にしたい。」浪費家、社交家、英・仏・米の文化人と交友。 「サロメ」「ドリアン・グレイの肖像」「ウィンダミア夫人の扇」ダン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

土佐日記

高校生の頃、必ず習った紀貫之の「土佐日記」を現代文として、読んでみました。 平安時代の本ですので、10世紀頃に書かれた日本文学の古典です。 土佐(現在の高知県)から京都に戻る旅日記です。 今なら、新幹線でも車でも日帰りで往復できますが、その当時、片道に2ヶ月を要しています。 彼らは船旅で、天気を見ながら、出航し、鳴門海峡を横切る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「告白」   チャールズ・R・ジェンキンス著

拉致被害者、曽我ひとみさんの夫。アメリカ軍の韓国駐留時に北朝鮮に逃亡。 拉致被害者やその家族が帰国してから、北朝鮮で、何をしていたのか。どういう暮らしぶりだったのか、あまり伝わってこなかっただけに、興味深い本でした。 "Confession"   Written by Charles R Jenkins He is the h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ターシャ・テューダーってご存知ですか?

先日11月26日のNHKの番組を何気なく見ていて、宝箱を開いたような感動を致しました。 「ターシャ・テューダー四季の庭」ご覧になりましたか? 調べましたら、可児のバラフェスタでターシャ・テューダの家が作られ、紹介されていたのです。 可児のバラフェスタに行きましたのに、そんなこととは知りませんでした。 90歳のおばあさまが、作って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

もしも世界が100人の村だったら

If the world were a village of 100 peoples, 今更ですが、このメッセージは多くの人にあらためて考えるきっかけを作りました。 大きな反響があり、平和、多様性、相互理解など、大切なことは何?と問いかけました。 ですから、不謹慎なことは言いませんが、昨今のテロなどニュースを見ていて、思ったこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「美の旅人」 伊集院静

伊集院静の「美の旅人」はスペインとスペイン絵画を紹介しています。 "Traveler of beauty" of Sizuka Ijuin introduces Spain and Spanish paintings. 美術館案内、絵画の本ではなく、画家の人となりや、その時代背景など楽しく読ませてくれます。 It is no…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンジョルディの日 el Día de St.Jordi

サンジョルディの日、どんな本を贈りますか。 What kind of books do you present him? ¿Qué tipo de libros usted regala él? 4月23日はサンジョルディの日、女性から男性に本を贈る日とか。 The 23rd A…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more