オスカー・ワイルド OSCAR WILDE

「オスカー・ワイルドの生涯-愛と美の殉教者NHK BOOKS  山田 勝」を読んで 
 OSCAR WILDE  アイルランド生まれ、1854~1900詩人、劇作家、唯美主義者、同性愛者
「人生そのものを芸術作品にしたい。」浪費家、社交家、英・仏・米の文化人と交友。
「サロメ」「ドリアン・グレイの肖像」「ウィンダミア夫人の扇」ダンディズム、デカダン

父親は医者・作家、母親は作家という家庭に生まれる。母親はしばしばサロンを開く。オックスフォード大学在学中に、詩作にこる。卒業後ロンドンに出て社交界の人気者となり、芸術至上主義を身をもって実践する才人として、人気の的となる一方、反感にもなった。

私生活では、結婚後クイーンズベリー侯爵の息子アルフレッド・ダグラス、ロバート・ロスとも同性愛の関係を続ける。これが原因で2年間レディング監獄に収容された。1897年釈放後フランスに移るが、不遇な生活の後パリで死亡。

主な作品は、「幸福な王子」「ドリアン・グレイの肖像画」「ウィンダミア夫人の扇」「サロメ」など。
昨年に「ウィンダミア夫人の扇」は「理想の女」という邦題で映画が公開されました。

“Oscar Wilde –His life as a martyr of love and beauty” written by Masaru Yamada in NHK BOOKS
He was born in Ireland.1854~1900. A poet, a dramatist, an esthete, and a homosexual.
He said “I want to make his life as a work of art.” He was a extravagant person and a sociable person.
He had many cultural friends of English, French and United States.
His works are "Salome", "The Picture of Dorian Gray" and "Windermere's fan"
He was a dandy and decadence.

His father was a doctor and a writer and his mother was a writer. Mother often held the salon.
He made poems while at Oxford College. He went to London after graduation and became a popular person of the fashionable society, being considered as a man of talent who practiced the art supremacy principle by himself. But some disliked him.

In the private life, he kept relating of the homosexuality with the son of Marquis Queensbury Alfred Douglas and Robert Loss after he married. He was accommodated in the Reading Prison for two years for the reason of it. And he moved to France after releasing in 1897 and he died in Paris after the unfortunate days.

The main works are "The Happy Prince”, "The Portrait of Dorian Gray", "Windermere's fan" and "Salome. ", etc.
"The Windermere wife's fan" was released as the movie in the Japanese title "The ideal woman" last year.



Essays and Lectures【電子書籍】[ Oscar Wilde ]
楽天Kobo電子書籍ストア
<p><b> Understand Oscar Wilde.</b><p><i>“For the a



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

理想の女
2006年09月30日 21:01
「理想の女」見ました。イタリアのアマルフィーが舞台で、帽子やファッションと雰囲気が素敵でした。