住民基本台帳  The Basic Resident Registration Law

住民基本台帳  The Basic Resident Registration Law

早くも、危惧されていた住民基本台帳の情報漏洩事件が各地で発生。
市町村合併などのあった自治体で、ソフトの作業を民間業者に委託し、その際に
社員が情報を家に持ち帰り、個人のパソコンに入れて、漏洩した。
委託した自治体に機密情報としての自覚があったのだろうか。
業務を外注する際に、セキュリティチェックについて契約はどうなっていたのだろうと、思う。

The events of the leakage of information on the basic resident register that have been misgiving occurred in various places already.
In the consolidated municipalities, they entrusted the work to the private software companies, workers took the private classified information to their homes and input them into their individual computers at that time.
I doubt if the municipality that consigned it had consciousness as classified information.
I consider how the contract was down on the points of the security check when the business was subcontracted.

住民基本台帳とはすべての国民に11桁の住民票コードを割り当て、氏名・性別・生年月日・住所などの住民情報を、国の行政機関と全国の地方自治体のコンピュータ上で共有する。
どんな利点があるのかよく分からない。
Resident-registration network "Juki Net" identifies each resident by an 11-digit code and registers six types of basic personal information, such as name, domicile, sex, birth date, etc.
The central and local governments are linked nationwide by an online.
I don’t know what an advantage is.

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック